オフィシャルブログ

ダークフレックスの保温(断熱)性能

発泡ゴム保温材:ダークフレックスですが、どの程度の厚さを巻けば良いかと言う疑問があると思います。ダークフレックスの熱伝導率は0.034 W/mK 以下(20℃時)とされています。現状他の素材と比べての差を認識できれば、断熱性能を下げることなく施工ができます。

ポピュラーな断熱材と比較してみましょう。

断熱材 熱抵抗値
W/mK
ダークフレックス 1種類のみ 0.034
断熱材 密度
(kg/㎥)
熱抵抗値
W/mK
グラスウール 10±2 0.050
16±2 0.045
24±2 0.038
32±2 0.035
断熱材 種別 熱抵抗値
W/mK
押出ポリスチレンフォーム 1種 0.036
2種 0.034
3種 0.028

ダークフレックスは、高性能グラスウールと押出ポリスチレンフォーム1種と同等の断熱性能を有しています。

 

物質の熱の伝わりにくさを表わす値として、「熱抵抗値」と言う表記があります。それぞれの熱伝導率の値に、断熱材の厚みをかけた数値です。数値が低ければ低いほど断熱(保温)性能を有して入りことを表わしています。

現状のグラスウールやポリスチレンフォームの厚みと比較して、性能が損なわれないようにすることは重要です。

 

熱抵抗値=熱抵抗値(W/mK)×断熱材の厚み(ミリ)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る

お問い合せ