オフィシャルブログ

発泡プラスチックの接着加工

発泡プラスチックを別の素材に接合させる際は、いくつかの方法があります。接着剤、両面テープ、直粘着加工(タック加工)、ホットメルト加工等が一般的です。

これらの方法にはいくつかのメリット、デメリットが存在します。

接着剤:被着体に接着材で接合させる際は、オープンタイムが必要とされたり、作業者が直に接着剤を扱うことで、労力を要する場合が多くあります。スプレー製法もありますが、溶剤や作業者の健康面、近隣への配慮など昨今においては、あまり有効的ではありません。また、作業者の斑も発生しやすいので、管理もし辛い可能性があります。

両面テープ:非常に種類も豊富で、環境や条件、接着強度を選ぶことも可能です。基材も和紙、樹脂、繊維など様々あり、メーカーも多く存在します。発泡体にもよく対応しているものがあり、最も有効的な手段と言えるでしょう。しかし、接合させる際はどちらかの被着体に先に貼り、剥離紙(セパレーター)を剥がす作業が必要となります。また、被着体の形状にも合わせる必要があり、接着剤の様に被着体の形状に合わせるには加工が必要となります。しかし、両面テープは物性にどおりの性能を発揮しやすいので、もっとも確実性が高い方法と考えられるでしょう。

粘着加工:直粘着加工やタック加工とも呼ばれています。業界ではジカネン(直に粘着加工する意)、シール加工呼ぶ方もいます。シール加工と呼ぶと、パッキン的要素も含んでしまうので、あまりお勧めしません。粘着加工は、接合する際に面積当たりでは最も安価な加工方法となります。(一般的に)1000ミリ幅で設備に乗せて加工できるので、生産性も最も良いのが特徴です。しかし、粘着力は両面テープと比べると弱く、状況によっては剥がれてしまうケースもあります。使用される環境に注意して選択すると良いでしょう。

また、凹凸の激しい発泡体、気泡が荒い発泡体においては接着面が少なくなるために、更に粘着力が落ちる可能性があります。その際には、和紙を基材にした和紙粘着加工も存在します。

写真は、L-1400に粘着加工を施したものです。

投稿者:大隅 豊

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る

お問い合せ