オフィシャルブログ

10%圧縮でパッキン性能を保持するスポンジ

パッキンは、色々な使い方があります。基本的には接合部において、液体やガスが漏れないように止める役割をします。接合部の精度を上げて、隙間のないジョイントができれば問題はありませんが、一般的な技術力ではパッキンに頼ることが殆どです。最も多いのは、Oリングと呼ばれるゴムのリングをバルブや金具のジョイント部に設置して、ジョイント部からの液体やガスの流出を抑えています。

どのパッキン材にも適用するのが、圧縮率です。パッキンも触れているだけで流出を止めることはできません。必ず圧縮をかけないと、各部の寸法精度を埋め合わせて、密着させる必要があるからです。弊社の取り扱ってるLC-150Sはスポンジタイプでありながら、わずか10%の圧縮で水密性を保持することができます。使用状況において選ぶケースもありますが、圧縮応力が10%時に5kPaと半連続気泡タイプのゴムスポンジに近い加重で性能を発揮できることは、特筆すべき長所と言えるでしょう。

お気軽に、お問い合わせください。

10%圧縮でパッキン性能を保持するスポンジ

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る

お問い合せ