産業資材の豆知識

  • カテゴリーなし
  • プラスチックの帯電防止タイプの危険性

    プラスチックは一般的に、電気を帯びやすい特徴があります。 プラスチックに電気を帯びない様に、帯電防止の効果を出すために帯電防止剤(界面活性剤)を練りこんで 製造しています。現在大半の帯電防止の機...

    詳細を見る

    架橋と無架橋の発泡プラスチック

    弊社に、こんなダジャレを言われた人がいました。 「架橋、無架橋、月亭可朝」 (年齢もわかっちゃいますね) 筆者が若い頃、架橋とはなんだろうと、色々本を漁っていた頃にイジられたダジャレ...

    詳細を見る

    10%圧縮でパッキン性能を保持するスポンジ

    パッキンは、色々な使い方があります。基本的には接合部において、液体やガスが漏れないように止める役割をします。接合部の精度を上げて、隙間のないジョイントができれば問題はありませんが、一般的な技術力ではパ...

    詳細を見る

    異業種交流会に行って来ました。

    名古屋にあるサイエンスプラザにて、異業種交流会に行って来ました。様々な業種の方と接する機会があり、色々な刺激をいただきました。また、新事業において、名古屋市、国からの援助が豊富にあることも教えてもらい...

    詳細を見る

    発泡プラスチックの発泡倍率

    発泡プラスチックは、基本的に元となる原料に発泡剤を入れ、加熱して発泡させる方法を取ります。規格として、発泡倍率と言うのは決められた規則はありませんので、各製造メーカーで使用原料からできた製品の体積を測...

    詳細を見る

    汎用プラスチック

    5大汎用プラスチックと言うのがあります。 ポリスチレン、HDポリエチレン、LDポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニルの5種です。定義されたものではありませんので、諸説にはポリエチレンを一纏めに...

    詳細を見る

    ゴムの硬度

    一般的に、ゴムの品質の選定は樹脂と異なり、原料の次に硬度が選択の順序として挙げられます。ゴムを使用する以上、原料の特性を考慮し弾性や伸びなどを要求する状況下の中、硬度は大きな品種の差別化として各製造業...

    詳細を見る

    発泡倍率

    発泡倍率は、プラスチック系の発泡素材に使用される表現です。当然のことから、大きく発泡されたものは気体の比率が大きいことから、柔らかくしなやかな雰囲気になり、小さく発泡されたものは固くなっています。原料...

    詳細を見る

    発泡プラスチックの密度

    みかけ密度、密度、比重、発泡倍率など、発泡体には体積から割り出される重さの単位には様々な表現があります。水を基準に1cc(㎤)においての重量、1リットル(1000cc)においての重量、1立米においての...

    詳細を見る

    メーカーの異なるゴム

    ゴムの種類は、配合によって無数にあります。 殆どのゴムメーカーは天然ゴムではなく石油から精製された合成ゴムを製造しています。大まかに特性は似ていますが、用途によって特性を超えた性能を付加されてい...

    詳細を見る

    お問い合せ