オフィシャルブログ

プラスチックの帯電防止タイプの危険性

プラスチックは一般的に、電気を帯びやすい特徴があります。

プラスチックに電気を帯びない様に、帯電防止の効果を出すために帯電防止剤(界面活性剤)を練りこんで 製造しています。現在大半の帯電防止の機能は、上記のような練りこみ方を用いています。この練りこまれる帯電防止剤は、石鹸水などに使用される界面活性剤を使用しています。界面活性剤は製造時は樹脂製品の中に混ざっていますが、時間がたつと表面にブリードアウトしてきます。表面にブリードアウトした界面活性剤は空気中の水分を吸収し、水の被膜を作り、静電気を中和して逃がすことができるのです。

この方法を用いた場合、製品内にある帯電防止剤がブリードアウトする仕組みですので、当然時間が経過すると、内部にある帯電防止剤(界面活性剤)も減少していきます。帯電防止剤(界面活性剤)が減ると帯電防止効果も当然ありません。

状況によりますが、一般的には帯電防止効果があるのは1年未満と考えられています。経過すると、その練りこまれたプラスチック製品は、普通の静電気を帯びやすい状態に戻ります。つまり、期限付きの機能となることです。このような場合、継続的な機能を期待する条件下では絶対に使用できません。帯電しない条件の製品を、時間がたつと切れてしまい、帯電してしまい不具合が起きてしまいますので、一度きりの包装材などの用途にしか、使い道がないのです。

また、界面活性剤は石鹸と同様に非常に水に溶けやすいので、練りこまれた製品を洗浄することは、帯電防止効果も一緒に洗い流してしまいますのでご注意ください。

 

最近、持続性帯電防止、永久帯電防止と呼ばれる製品ができております。共ショウNETでは、これらの問題を解消できる物を提案しておりますので、ご参照ください。

持続性帯電防止ポリプロピレン発泡ビーズフォーム

Pボード

(永久帯電防止ポリプロピレン発泡ボード)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ブログ一覧に戻る

お問い合せ